小規模事業者持続化補助金 採択率33.9%の考察


先週10月30日に、小規模事業者持続化補助金
コロナ特別対応型 第三回締め切り分の
採択発表がありました。

令和2年度補正予算 日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型> :: 採択者一覧


多くの方が採択率
過去2回は80%台の採択率だったのに、今回は33.9%に急落した
ことしか触れていないのですが、、、

事務局基準がわからないなかで、私なりの考察を書きたいと思います。

審査基準に関する考察

今回の発表分で、支援した方(窓口相談含む)は、
いくつか不採択になってしまいました。

そのなかで共通しているのは、
申請要件として真っ当な内容かどうか」です。

例えば、非対面型で申請した例で、
HPを作って、HP→Zoom相談(ココを非対面とします)→来店
なんかは、そもそも非対面への転換ではありません。

業種柄、非対面型の対応はできないけれど、
なんとか条件のいいコロナ特別対応型で申請したい、という方
特に、窓口相談では、多かったように感じました。


ただし、第1回、第2回は
そのあたりの基準がものすごくルーズで、
「非対面です」と事業者が申請してきた内容は、
そのまま通していたようで、結果、全国平均採択率80%超でした。


今回の第3回では、「あなたは非対面ではないよね・・・」
のように読み取れるストーリーの場合は、
採択率の低さもあって、不採択になった、と感じています。

支援者として、
「審査が緩いから」と甘んじてしまったことは敗因です。

採択率 激落ちの考察

ちなみに、、、
1・2回の採択率(80%台)から劇的に落ちた採択率(33%)に関しては、
応募者殺到なわけで、予算の関係で致し方なし、でしょう。

数年前の持続化補助金は、
今回くらいの採択率だった(という噂です)ので、
長年支援をしている身としては、
そもそも採択率8割,9割の補助金だったことが、ありえない!


これで正常に戻ったかな、と。

ただ、地域差が大きかったり、
1回2回とのバランスを考えてよ、
とも思いますが、
文句を言ってはいけません。。。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!