「おもてなし規格認証」を取得してみた


IT導入補助金でも取り上げられていた「おもてなし規格認証」は、経済産業省が創設した制度で、サービス産業の活性化と生産性の向上を目的として、①顧客満足、②従業員満足、③地域社会の満足を高めるために、サービス品質を見える化することによって、サービス事業者が持続的な活性化を促進する仕組みです。
おもてなし規格認証2017サイト

要するに、認証を受けると、「うちの会社(お店)は、サービスレベルの向上に取り組んでいますよ。サービスレベルが高いですよ」という対外アピールになる、ということです。

おもてなし規格認証は、紅→金→紺→紫という4段階の認証レベルがあります。

レベル対象事業者認証方法費用
紅認証サービス向上の取組に意欲的なサービス提供者自己適合宣言無料
金認証お客さまの期待を超えるサービス提供者第三者認証有償
紺認証独自の創意工夫が凝らされたサービス提供者第三者認証有償
紫認証お客さまの期待を大きく超える「おもてなし」提供者第三者認証有償

紅認証は、30項目のうち、「既に実施している」もしくは「今後実施したいと思う」取り組みが、自己申告で15項目以上適合する場合に取得可能となっています。
ということで、私(個人事業の経営コンサルタント)も、紅認証を取得をしてみました。

サイトアクセスから、ものの5分で取得完了となりました。

認証をいただいたことですし、これからも親切・丁寧・スピード対応を心がけていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!