[月次支援金]認定支援機関としてZoomでの事前確認に無料対応します。

Pocket

月次支援金とは

①緊急事態措置・まん延防止等重点措置に伴う
 飲食店の休業・時短営業又は外出自粛等の影響を受けている
②2021年4月・5月・6月のうち、措置の影響を受けて
 月間売上が2019年/2020年同月比で50%以上減少している
事業者に対して、
法人:上限20万円/月、個人事業主:上限10万円/月
を給付する制度です。

当支援金は、6月中旬から受付が開始される予定です。

はじめて申請される方
事前確認機関からの事前確認が必須

2020年の持続化給付金では
不正受給(&返還)が話題となったこともあり、
申請予定者が、①事業を実施しているのか、
②支援金の給付対象等を正しく理解しているか等
の事前確認が必須となります。

一時支援金の申請時に、事前確認を受けた事業者は、
月次支援金の申請時の事前確認は不要です。

事前確認する機関は、商工会・商工会議所や地域の金融機関、税理士、行政書士、中小企業診断士などの認定支援機関が登録されています。

私も事前確認の登録確認機関となっていて、
一時支援金の事前確認では、117件対応しました。
※現在、延長申請者に向けた追加対応を行っています。

事前確認の方法・体制について

平日9:00-17:00の間で、オンラインでの面談に限定
10-15分ほどの確認作業を実施します。

事前確認のみであり、申請時のサポートは行いません。

事前確認にかかる費用について

当確認のために、事業者の費用負担はありません。

実施方法

限られた体制ですので、オンラインのみ対応します。

対面での確認を希望される場合は、他の確認機関にご相談ください。

インターネット会議システムZoomを基本としますが、
TeamsやSkype等などのツールでも対応可能です。
カメラがついていればいいので、スマホからの接続もOKです。

オンライン実施のため、住所地は問いません。

空き時間の確認・日程調整

平日9:00-17:00の間で、実施時間を調整をします。
空き時間の確認、日程調整は、下記より問い合わせください。

当日の状況にもよりますが、
「今すぐ」「今日中に」という要望には応えられません。

事前確認機関からのお願い

複数の事前確認機関に、同時に打診するのはやめてください。

なかには、保険の一括見積のような感じで
まとめて依頼されている方もいらっしゃいます。

私は、無料対応の依頼をいただいた全員を対応する予定
お問い合わせには必ず返信していますが、
平均2人に1人が、私の返信を無視されています。

「別の確認機関にお願いすることになりました」↓↓↓

というような方もいて、とても不愉快な思いをしています。
(私以外の事前確認機関も同じ思いをされています)

私たち事前確認機関の多くは、
皆さんと同じ民間事業者でありながら、
緊急事態宣言の影響で、お困りの方が多いことを踏まえて
行政協力の一環として、今回は無償支援を行っています。

もし、(私以外にも)いくつも打診されている場合、
たとえ問い合わせの連絡だけであっても、
私たちは手間と時間をかけていることを認識していただき、
(私だけでなく、他の事前確認機関へも)どうか常識ある対応をお願いします。


お問い合わせ

月次支援金ホームページが開設されましたら、
事前確認の受付を開始する予定です。

上記をご理解のうえ、
事前確認をご希望の方は、下記フォームにご入力ください。
日程調整のご案内をメールで返信します。


※業務中でもあるため、お電話での問い合わせはお控えください。
※私は無料で事前確認に対応します。
 他の事前確認機関への複数・同時問い合わせはご遠慮ください。
※なるべく早く返信します。
 短時間に、何度も問い合わせするのはご遠慮ください。


 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Pocket