2度おいしい!納税準備は「定期積金」を活用しましょう


法人であっても、個人であっても、事業をするうえでは、所得税、住民税、消費税、固定資産税・・・などの税金を納めなければいけませんね。
そして、税金はまとまって納めることが多いため、その資金準備に苦労される事業者様が多いです。
なかには、納税時期に手元に資金がなく、金融機関に駆け込む(融資を依頼する)事業者様もいらっしゃいます。

納税資金に苦労されている事業者様におすすめしたいのが、定期積金という商品です。

また、納税資金は、普通口座に毎月入れている、ということであれば、なおのこと、定期積金がおすすめです

定期積金(ていきつみきん)とは

一定期間、毎月の一定期日に、一定金額を積み立てて、満期日に給付金を受け取れる金融商品です。
経済的にみれば貯蓄方法の一つですが、定期預金などとは法律的に異なるとのことで、受取る利子は「給付補填金」と呼ばれ、税法上「利子所得」とはみなされず、課税対象とはならないようです。

メリット①毎月確実に貯蓄できる

口座引き落としでも、金融機関担当者に直接手渡しをするということでも
毎月の一定期日に、一定額を積みたてます。
貯金が苦手な方でも、手元にお金があるうちに、納税資金を確実に積立口座に入れることになります。

 

メリット②融資審査でプラスになる

融資を受けたい、と思ったときに、いきなり金融機関に行って貸してくれるものではありません。
決算・財務状況、今後の事業への評価のほかに、過去の取引実績も重要な判断基準になります。
金融機関に、単に口座を持っている、現金の出し入れをしている、では、取引をしているとはみなされません。

その点、定期積金は、毎月の積み立て実績が残り、
もちろん金額の大きさによりますが、融資審査で多少のプラスに働くことが期待できます。

仮に、300万円ほどの消費税の納税予定がある場合は、
3月を満期として、毎月25万円を積み立てることで、
納税のタイミングで資金がありますし、
毎月25万円を積み立てるだけの財務状況、経営に対する計画性、が評価されることになります。

 

メリット③利率が高い・・・?

前述のとおり、定期積金の利息は、「利息」ではなく、「給付補填金」と呼ばれます。

現在の国内金融機関では、利息を期待することはできません。
定期積金であっても、利率アップの措置がある金融機関もありますが、微々たるものです。
メリットとまでは言えません。。。

納税資金用の定期積金を紹介

積金を取り扱っているのは、主に信用金庫や信用組合などです。

東京信用金庫 スーパー積金

私が利用しているのは、最寄りの東京信用金庫の商品です。

東京信用金庫 スーパー積金
東京信金の定期積金「スーパー積金」です。目標に合わせて計画貯蓄、平均貯蓄額は1,000万円を超えています。

 

その他、いくつかネット上で見つけてきたものを抜粋してみます。

城北信用金庫 納税専用定期積金「準備万全」

預金商品 | 商品・サービス | 城北信用金庫
城北信用金庫の預金商品についてご案内するページです。

さわやか信用金庫 さわやか納税応援定期積金「備エール」

さわやか納税応援定期積金「備エール」 | 貯める | 個人のお客さま | さわやか信用金庫
さわやか納税応援定期積金「備エール」のページです。さわやか信用金庫公式サイト。預金、ローン、インターネットバンキングなどの商品・サービス、店舗/ATM、当金庫の情報などをご紹介しています。

東京ベイ信用金庫 納税応援定期積金

東京ベイ信用金庫 TOKYO BAY SHINKIN
千葉県市川市に本店を置く、東京ベイ信用金庫のホームページです。私たちは東京ベイエリアの発展をめざし、ふれあいの心をもって、豊かで質の高い生活の実現、産業の育成、文化の創造に全力で貢献します。

朝日信用金庫 朝日プレミアム納税積金

朝日プレミアム納税積金 | 法人・事業主のお客さま | 朝日信用金庫

東京東信用金庫 納税準備預金おさむくん

東京東信用金庫

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!


融資
3分でサクッと読める中小企業経営TIPS(中小企業診断士 眞本崇之)