[事業再構築補助金]新分野展開の解釈を間違っていました!

Pocket

事業再構築補助金は3月27日に公募スタートとなりました。

事業再構築補助金

間違った解釈から、間違ったアドバイスをしていました。。。

今回のタイトルにあるように、新分野展開に関して間違った解釈をしており、
結果として、「新分野展開」に該当する方を「業種転換」や「業態転換」として説明し、申請は難しいですね、というアドバイスをしてしまっていました。

申し訳ございませんでした。

個別にご連絡をいただいていた方には、順次、お詫びをさせていただいております。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

新分野展開の定義(事業再構築指針の手引きより)

資料にあるように、
新分野展開とは、中小企業等が主たる業種又は主たる事業を変更することなく、新たな製品を製造し又は新たな商品若しくはサービスを提供することにより、新たな市場に進出すること
となっています。

間違った解釈

新分野展開に該当するには、主たる業種又は主たる事業を変更することなく、新たな製品またはサービスは、「主たる業種・事業の取り組みでなければならない」と考えていました。

正しい解釈

(3〜5年後の結果として)主たる業種や事業が変わらなければ、新たな製品またはサービスは、「主たる業種・事業でなくてもいい」ということでした。

間違った解釈を正すと起こること

業種が変わる方=業種転換、事業が変わる方=事業転換という方向で話を進めてしまっていたため、「売上高構成比要件を満たせず、申請は難しいですね」となっていた多くの方が、申請要件を満たせるようになってきます。

もちろん①製品等の新規性要件、②市場の新規性要件、③売上高10%要件、といった内容は必要となりますが、、、
業種転換や事業転換で求められていた売上高構成比要件から、売上高10%要件になったことで、申請のハードルが一気に下がることになります。

お詫び

個別に対応させていただいた方(間違ったアドバイスをしてしまった方)には
順次、説明の機会を設けております。

間違った解釈による、間違った情報発信をしてしまったこと
お詫び申し上げます。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Pocket