補助金獲得を目的にしてはいけない


「補助金に強い専門家なら、うちの事業にあう補助金があるか、知っているでしょ?」
「補助金に強い専門家なら、もらえるようになんとかしてくれないか」

そんな問い合わせが来ました。

初めてお会いする方であったので、
どのような事業か、どういう状況か、把握していない状況ではあるが、
明らかに補助金目当てな匂いがプンプンした。

こういった相談事を持ちかけてくる方の多くは、補助金をもらうことが目的になっている。

すると、どうなるか・・・

採択されるための計画書作りをしてしまう。
方向性が定まっていない計画は、私の指摘で、コロコロ内容が変わっていく。
仮に採択されても、その計画書はまったく意味のないもの。
補助事業を実行しても、中途半端で、本気度が感じられない。

採択されなかった場合には、
「完全成功報酬だから費用はかからなかったが、無駄な時間だった。この専門家は使えない」
と評価される。

一方で、事業拡大への想いが先行し、
その道にたまたま補助金というチャンスがあった事業者は違う。

私の指摘で肉付けがされ、事業内容が洗練されていく。
なにより、軸がブレない。
仮に不採択であっても、計画書はその後も意味あるものになる。
経営者として自己成長を感じていただけたり、事業の見直しができたと高評価をいただける。

これまでの経験上、
採択予測をしたときの確度は明らかに後者の方が高く、
実際に採択される実績も多い。

「それでもなんとか採択させるのが、専門家ではないのか?」
と不採択となった事業者からクレームを言われたこともある。

不採択の事業者からのクレームに対して、
「それは違う」と言えなかった、弱い自分があったことは認めよう。

自分の支援でなんとか希望通りに補助金獲得させてあげたいし、
私も欲のある人間なので、報酬をいただけるように採択を目指したい、
という想いが甘えになってしまう。

クライアントを育成できる強いコンサルタントになりたいと、私は思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!