格好いいブログの文章を書く方法



文章に格好いい/格好悪いという評価があるのか、わかりません。
読みやすい文章、物腰柔らかな文章であることが重要ですが、文章力が問われそうなので、ある程度の経験が必要になるかもしれません。

今回は、カッコいい=外見、ぱっと見た感じでどうすればよいか、すぐに対応できそうな観点でお伝えしていきます。

1文を短く、簡潔にする

1文とは、書き出しから。までのことです。
文章が長くなる、ということは、いくつもの文章が繋がっていることがほとんどです。

本来、文章というのは、主語と述語が1セットになっているものです。
ズラズラと書いていては、読み手はどこが重要なのか、理解することが難しくなります。

例)
『私があそこでこうして、彼があれして、その結果、私は彼とああなった。』

改善例)
『私があそこでこうした。』
『彼があれした。』
『その結果、私は彼とああなった。』

一般的な目安として、短く簡潔な文章とは、50文字以内が適切な文量と言われているようです。(←44字)

適度な改行

私は話の段落ごと、3〜5行くらいを目安に改行(空白の行)を入れるように心がけています。
5行以上になってしまうと、どこを読んでいるのか、どこまで読んだのかわからなくなります。
読んでいて疲れるブログ、、、は誰も読んでくれませんよね。

個人差はあると思いますが、数行なら一気に目で追って話を理解することができます。
それによって、テンポよく読んでいただくことができます。

以上2点を意識することで、サッと読みやすい文章になってくると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!