小規模事業者持続化補助金のダメな例 〜補助金が目当ての事業者



補助金という「もらえるお金」に目がいってしまう、心が揺らいでしまう事業者が多くいらっしゃいます。

過去にもお伝えしましたが、
御社の何が課題となっているか、その課題を解決するために、経費を使ってください。
その延長線上に、いいタイミングで補助金があった、ということが理想です。
※もちろん理想です。

なかには、初めて相談に来られたときに、開口一番で、
「補助金をもらいたいんですが、何(の経費)が申請できますか?何がいいか、アドバイスをください」
というような、とってもダメな相談例があります。
なんでもいいから補助金目当てというような感じです。
※おそらく補助金制度をよく理解していないのでしょう。。。

(初めてお会いした)コンサルタントにアドバイスされたことを、そのまま採用するのでしょうか?

せめて、「現況と理想に対して、これを解決する手法はないか?」
というような、ご自身の方針を持って、相談に来ていただきたいものです。。。

参考:

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!