採用ページは『従業員の声』で語れ



人手不足でお悩みですか?求人にお困りですか?

人材は、企業経営において最も重要な資源となります。

しかしながら、現在の日本では、中小企業だけでなく、大手企業も採用に困っています。
いわば売り手市場になっているのです。
業界別には、介護、保育、建設、飲食、IT分野での人材不足が深刻です。(もちろん他の業界も同じような傾向かと思いますが、特に)


従来は、企業が求人をする場合に、集客力のある求人媒体に掲載料金を支払って求人をしていました。
昨今は、掲載無料で成功報酬型の求人媒体が一般化しているように思います。

しかしながら、求人媒体には掲載内容に限界があります。
求人誌では紙面スペースに限りがあります。
スペースが大きければ掲載費用もかかります。
求人サイトの多くは、フォーマットが決まっていて、基本的な情報しか載せることができません。
つまり、従来の求人媒体を使っている限りは、労働者側は、労働条件でしか、会社を選ぶことができないのです。

労働条件で会社を選ばれると、多くの場合、ミスマッチが起こります。
ミスマッチを防ぐためには、採用する前により多くの情報を得ておく必要があります。
一部企業では、インターンを取り入れているところもあります。
面談の回数が多い企業もミスマッチを防ぐためです。

インターンを取り入れられない企業が、労働条件以外のことを知ってもらうには、どうしたらよいのか。

自社で行う求人を、Webページをフル活用していくのです。


条件面以外の環境を知ってもらうには、実際に働いている人に語ってもらうことが一番です。

まずは、従業員インタビューを行い、存分に語らせてください。

採用ページを作る場合、どんなに長くなっても大丈夫です。
結果として、採用ページの滞在時間が長くなり、御社の事業内容や御社での働き方をイメージしやすくなります。
※最低限、読みやすい構成に編集することは必要です。

お互いが求めるレベルを採用前に合わせることができれば、採用の失敗も減り、適した人材が集まってきます。

なによりも従業員満足(ページ)が顧客に伝われば、顧客からの支持を受けることも十分に可能なので、一石二鳥です。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!