コロナ融資の据置期間が終了してしまう。元本返済が苦しい場合はどうする??

Pocket

中小企業庁の調査によると、
20年12月末までに決定した融資のうち、
日本政策金融公庫で66%、民間金融機関では56%が
据置期間(元本を返さなくていい期間)は、
1年以内に設定されているそうです。

中小コロナ融資40兆円 返済開始「1年以内」が過半
新型コロナウイルスとの2年目の戦いが続き、10都府県の緊急事態宣言は延長された。出口がなお見えないなか、中小企業向けのコロナ関連融資は早くも返済が本格化し始めた。返済を猶予する据え置き期間を1年以内と定めた融資が2020年12月末時点で全体の過半を占めるためだ。コロナ2年目の経済政策の試練を点検する。【次回記事】据え置...


・・・ということは、
そろそろ元本返済が始まる(始まっている)企業が出てきます。

もし、緊急事態宣言の再発令等の影響により
売上が伸び悩んでいる場合には、
このまま返済が始まってしまうと、
残念ながら、返済が困難となるでしょう。。。

今後のことを考えると
据置期間を延ばしてもらう必要が出てきます。

その方法の1つは、
「条件変更」で据置期間だけを延長する方法、
もう1つは
「借換」により契約全体を新しくする方法
があります。

オススメは
現在借りている金額と同額、もしくは増額して
新たな借入を行い、現在の返済をする「借換」です。


新たな借入を行う際に据置期間を長く取れば
返済猶予期間を大幅に伸ばせます。

ちなみに、民間の金融機関では、
ゼロゼロ融資(3年間金利0、信用保証料0)の実行は
2021年3月31日で終了します。

稟議等の関係で、実行まで早くても1週間は必要です。
つまり、申込みを検討される場合は
今すぐ相談に行かなくてはなりません!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Pocket