[速報]平成29年度補正予算案が成立。補助金の公募が順次開始される見通しです



本日2018年2月1日に、参議院の本会議で、生産性革命、人づくり革命の経済政策などが取り上げられた【平成29年度補正予算案】が可決され、成立しました。

17年度補正予算が成立 追加支出2兆7073億円: 日本経済新聞
2017年度補正予算が1日午後の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で成立した。追加支出は2兆7073億円。

2017年度補正予算が1日午後の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で成立した。追加支出は2兆7073億円。安倍政権の経済政策「人づくり革命」や「生産性革命」の関連費用として4822億円計上したほか、九州北部豪雨の災害復旧費や、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効にともなう国内農業対策費も盛り込んだ。

補正予算とは・・・
当初の予算通りに執行できなかった場合に、
本予算の内容を変更して組まれた予算
のことです。

補正予算の成立により、
予算に組まれた補助金の公募が開始される見通しとなります。

私がこれまでに紹介してきた補助金のなかで、
平成29年度補正予算に組まれた補助金は
ものづくり補助金
(ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業1000億円)

IT導入補助金
(サービス等生産性向上IT導入支援事業費500億円)

小規模事業者持続化補助金
(小規模事業者支援パッケージ事業120億円)

事業承継補助金
(事業承継・世代交代集中支援事業50億円)
です。

【まとめ】2018年公募予定の補助金のポイントをまとめてチェック!!
2018年(平成30年)公募予定の5つの補助金をご紹介します。また、予算や概要資料から推測される公募のポイントを解説します。ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業)、IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金、創業補助金(地域創造的起業補助金)、事業承継補助金(事業承継・再編・統合促進補助金)

いずれの補助金も、事務局の準備ができ次第、公募が開始されるものと思います。

申請を検討されている事業者様はお早めにご準備ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!