IT導入補助金2019 概要とポイントをサクッとまとめました


2019年のIT導入補助金(平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)の公募スケジュールが公開されました。

トップページ | IT導入補助金
平成30年度補正予算「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」のポータルサイトです。本事業は、ITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業の要件

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が業務効率化・売上アップといった経営課題の解決、経営力の向上・強化を図る目的で、ITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助する制度です

補助対象経費

ソフトウエア費、導入関連費等
事前に登録されたITツールのみが補助金の対象です。

補助金の上限額・下限額・補助率

補助率:1/2
補助金上限額:450万円 、下限:40万円

※補助率の説明
税抜100万円のITツールに対して、1/2の50万円が補助されます。

※下限の説明
補助金額が40万円を下回る場合(=税抜80万円以下のITツール)は申請対象外

※上限の説明
どんなに高いITツールであっても補助金額は450万円を超えません。
(=税抜900万円以上のITツールでは、補助金額は450万円です)

2019年の公募スケジュール

IT導入補助金事務局より抜粋

ポイント1 1次公募は5月27日から開始

現在4月上旬ですので、公募開始までに1ヶ月半近くあります。

申請を検討される事業者は、
早めに対象のIT導入支援事業者にご相談いただくことをオススメします。

ポイント2 複数回の公募がある予定

2018年は3回の公募がありました。
※現在公表されている内容では、2次公募が7月中旬に行われる見込みです。

今年は、2018年の公募に比べて予算が大幅に減っていますので、
1次公募での交付決定が多かった場合、
2次公募の残り予算が少なくなっていることが予想されます。

申請をご検討の場合は、1次公募で進めることをオススメします。

ポイント3 導入期間は交付決定後5ヶ月以内に

補助金の基本、なのですが、
交付決定前に発注することは厳禁、です。
また、期間内に納品・支払いを済ませることが絶対、です。

つまり、交付決定後、5ヶ月の間に必要な開発・導入を済ませることが必要になります。
納期は事前に確認をしておきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!