[速報]29年度補正予算が成立間近!



平成29年度補正予算が衆議院で可決されました。
早ければ、明日2月1日に参議院の本会議で可決されれば、成立となります。

補正予算に組み込まれている、ものづくり補助金、小規模事業者持続化などが動き出すことになります。

【まとめ】2018年公募予定の補助金のポイントをまとめてチェック!!
...

衆院本会議は30日、災害復旧費などを盛り込んだ2017年度補正予算案を自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決し、参院へ送付した。政府・与党は31日に参院予算委員会で審議入りし、2月1日の参院本会議で可決、成立を目指す。

補正予算案では九州北部豪雨の災害復旧費や、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効にともなう国内農業対策費など、2兆7073億円を追加支出する。安倍政権の経済政策「人づくり革命」や「生産性革命」の関連費用は4822億円計上した。防衛関連予算は2345億円で、1回の補正予算の計上額としては最大。

東日本大震災で被災した企業などの二重ローン対策を3年間延長する法案は、30日の衆院本会議で全会一致で可決した。震災前の債権の買い取りなど被災企業への支援決定の期限を、21年3月末まで延ばす。参院で審議し、近く成立する見通しだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!