家賃支援給付金☆7/14〜受付開始です


「持続化給付金」と類似した制度で、

地代家賃の負担軽減を目的とした
「家賃支援給付金」の受付が、7/14~と決定しました。

家賃支援給付金とは

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、
売上減少に直面する事業者を下支えするために、
地代家賃の負担を軽減する給付金です。

◆支給対象者

2020年5月~12月の売上高で
・1ヶ月の売上が前年同月比で50%以上減少している
・連続する3ヶ月の売上合計が前年同期間で30%以上減少している

いずれかの場合に支給対象になります。

◆給付額

賃料に2/3を掛けた金額の6ヶ月分相当

※算出方法の詳細は、添付チラシをご覧ください。

法人で最大600万円、個人で最大300万円が一括給付されます

◆申請方法

持続化給付金と同様、
インターネットでの申請が基本となります。

また、申請サポート会場も設置されるとのことです。

※申請サイトは7/14には公開されると思います。

◆準備する資料

準備資料も持続化給付金と似ています。

・賃貸契約書
・直近3ヶ月分の家賃の支払いを証明する資料
・確定申告書
・売上減少のあった月の売上台帳
・本人確認資料(個人事業主)

具体的な申請方法や、少し特別な事情がある方については
現在、経済産業省のサイトで公表されている以下URLから、
詳細情報やQ&Aを確認することができます。

https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!