東京都感染拡大防止協力金 申請手続きが開始されました


東京都感染拡大防止協力金とは・・・

新型コロナウイルス感染等拡大防止のため、
都の要請や協力依頼に応じて、
施設の使用停止等に全面的に協力いただける事業者に
協力金を支給する施策です。

支給額

50万円(2事業所以上で休業等に取り組む事業者は100万円)

対象店舗

令和2年4月16日から5月6日までの全ての期間に
東京都の要請に応じ、休業や営業時間短縮等を行うことが必要です。

※その他条件は、申請サイトにある申請要件をご確認ください。

対象業種

対象施設一覧(東京都総務局HP)よりご確認ください。

tokyo.lg.jp/1007617/index.html

申請サイト

https://www.tokyo-kyugyo.com
申請書の入手はコチラより。

提出方法

①上記申請サイト、②郵送、
③都税事務所・支所庁舎内に設置した専用ボックスに投函
のいずれかの方法で提出することができます。

専門家による確認

また、今回は、円滑な申請と支給のために
『専門家による確認』が推奨されています。
※必須ではありません。

対象専門家

東京都内の青色申告会、税理士、公認会計士、中小企業診断士

専門家に依頼するメリット

専門家に事前にチェックしてもらうメリットは
①審査が早く進む
②書類不備による差し戻しがなくなる
の2点です。

①については、事前チェックがない場合は、
提出後に担当者がヒアリングをして実態を調査することになるため、
提出後の審査に時間がかかります。
一方で、事前チェックがあると、
実態調査やヒアリングの過程が済んでいると判断されますので、
審査がスムーズになり、入金まで早く進みます。

②については、
書類不備があれば、審査が止まり、当然、審査が遅れます。
専門家視点でチェックを受けることで書類不備はなくせます。

こうした点を意識して、専門家の事前チェックを推奨しています。ということです。

費用負担

専門家に依頼した事前確認にかかる費用については、
一定の基準により東京都から負担がありますので、
事業者様からの費用負担はありません。
※私は、今回の件で、東京都から受け取る報酬は、
日本赤十字社へ「全額寄付」させて頂きます。

支援受付中

申請時にご支援が必要でしたら、
対応させていただきますので、お問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!