チャンス到来!補助金を活用して、新たな販路開拓をしよう


小規模事業者が行う販路開拓に対する補助金「小規模事業者持続化補助金」の追加公募が決まりそうです。

当補助金は、採択件数が多い補助金(※今回は全国で約15,500者の予定)であることや、販路開拓をテーマに、幅広い業種の事業者を対象とした補助金ということで、非常に多くの事業者が応募する人気の補助金となっています。

いち早く情報を入手し、応募までに準備時間をしっかり確保できれば、採択に繋がる可能性が高くなる、という経験から、いち早く小規模事業者持続化補助金の情報をお伝えしたいと思います。

図:中小企業庁資料より抜粋

まず、補助金とは、
・「政策目標」に沿った事業を行う企業の中から
・「採点上位」の企業に対して、
・「お金」を支給する
取り組みです。

今回ご紹介する小規模事業者持続化補助金は、
・「政策目標」=小規模事業者が新たな販路開拓を行い持続的に発展する
・「採点上位」=事業計画書を提出し、事業の成果が見込めそうな事業者を選抜
・「お金」=使用した経費の2/3、最大50万円が後払いで支給される
例)30万円の経費支出があった場合、後日20万円が口座に振り込まれる
という補助金で、今回は全国で約15,500者が採択される予定となっています。

また、雇用増加、賃上げ、海外展示会、買い物弱者対策に取り組む事業者については、補助上限額が100万円に上がります。

対象となる事業者は、国内に所在する小規模事業者で、個人事業主も対象になります。
小規模事業者の定義は、業種によって異なりますので、下図を参照してください。
※法人のうち、医療法人やNPO法人などは対象になりませんので、ご注意ください。

年末年始にかけて、募集が行われるものと思いますので、ご興味のある方は情報をチェックしておくようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!