書いてわかったライティングのクセ

Pocket

昨日公開した記事
“【保存版】Webで集客できる!は本当だった”

【保存版】Webで集客できる!は本当だった
...

では、15,000文字、という超長文の大作となりました。

構想をしたのが7月12日、完成が7月24日なので、約10日もかかりました・・・
ネタは持っているので、わかりやすいように構成して、文章を書くだけでしたが、思いのほか、大変でした。。。

公開した文面を、ohotuku.jpのキーワード出現率チェックツールを使って、キーワードの配置を確認してみました。

網羅的に書いたので、基本的にキーワードはバラバラで良かったのですが、、、
キーワードではない部分に、私の文章の特徴が出ていたので、驚きました。。。

「こと」が多い

全単語のうちの、2.64%(68個)もありました

〜することができる

⇒  〜できる

のように、修正をして、0.32%(8個)まで減らしました。

「〜という」が多い

1.44%(37個)もありました。

実際になくても話が通じるため、大半を削除しました。

「し、(接続語)」が多い

1.44%(37個)
2つの文章を「し、」で繋げて1つの文章にしているため、1文が長い証拠ですね。
これも、1文1意にする、ということができる文章は分割させました。

要するに、意識しないと冗長になってしまう、ですね。。。
気をつけます。

URL:ohotuku.jpのキーワード出現率チェック

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Pocket