小規模事業者持続化補助金 追加公募が開始されました!



本日4月14日(金)より小規模事業者持続化補助金の追加公募が開始されました。

着目すべき点は、以下の3つ。
1つ目は、補助金上限額が50万円(賃上げなどの対応による補助上限額100万円への引き上げがない)ということです。

2つ目は、代表者が60歳以上の場合は「事業承継診断票」(地域の商工会議所が事業者に確認しながら作成・交付)を提出が必要で、かつ後継者候補が中心となって取り組む事業には加点という指示があった点です。
近年、事業承継への政策が強化されていますので、その意向が小規模事業者持続化補助金にも流れてきたようです。

3つ目は、今回の採択予定が6000件ということです。
前回の予定件数約15000件と比べて、大幅に少ない(残った予算内での公募)という状況ですので、門戸が狭くなりそうです。

締切は5月31日(水)、採択発表が7月上旬の予定です。
申請支援はこれまでどおり行いますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!