まずは相談!返済条件の変更(リスケジュール)


「資金繰りが厳しい」と相談を受けました。
原因は、受注減による売上の落ち込みと、売掛金の回収の遅れでした。

そんな状況で、
「従業員の給与支払いを少し遅らせる」
「違うところから借りてでも、返さなくてはいけない」
というようなことを考えているようでした。

そこで、融資返済の条件変更(リスケジュール)をご提案したのですが、

「そんなことしたら、全額返済を迫られるのではないか。
 それでは、会社が倒産してしまう・・・」
と、おっしゃいました。

もちろん返さない、ことはダメですが、
一時的な条件変更をするお願いは聞いてくれます。

たとえば、
今月は払えない
元金返済を1年間止めてほしい
というようなことです。

この間でも、銀行の儲けである利息は払うので、
条件変更は引き受けてもらえるのです。

経営者は、このような交渉ができる、ということを、頭に入れておくことも大切です。

経営改善計画

ただし、条件変更相応の対策(経営改善計画)が求められます。

経営改善計画とは、、、
このような状況に対し、
この対策をとって、
状況を打破(=経営を改善)します
という計画のことです。

リスケの効果

たとえば、月20万円の元金返済を
1年間止めてもらうことができたとしましょう。

そうすると年240万円の運転資金の余裕ができますので、
1年の間に、傾きかけた舵を戻していくことに注力していきます。


繰り返しますが、、、

経営者は、資金繰りが苦しい=会社が潰れる、といった考えをせずに、
まずは、リスケジュールの交渉ができることを、
頭に入れておき、事前に相談し、きちんと説明することが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!


融資
3分でサクッと読める中小企業経営TIPS(中小企業診断士 眞本崇之)