申請直前チェックポイント(様式3補助事業計画書編)[小規模事業者持続化補助金]



提出前チェックの様式3編です。

私の支援してきた経験では、様式2を一生懸命頑張って書いたものの、様式3ではその反動で疲れて(?)しまい、様式3の内容が一気に乏しくなってしまう方が続出します。

審査では、様式2も様式3も同じ点数配分のようなので、様式3もしっかり気を抜かずに取り組んでいただきたいと思います。

それでは様式3のチェックポイントです。

    様式3

  • 様式2の方針や方向性と、内容が合致している
  • あなたなりの創意工夫が書かれている
  • 現場の人間でしか書けない、実践的な詳細が書かれている
  • 具体的な行動が書かれている
  • 具体的な数値およびその根拠が書かれている
  • 事業の効果は現実的な効果である
  • 効果の記載例:新規客獲得、商圏の拡大、新たな販路の開拓、売上拡大、利益拡大、生産効率、販売効率、地域貢献、雇用拡大(主には販路開拓、生産性向上に関する効果でOK)
  • 実現できる内容である
  • 補助対象経費は使用用途が明確に書かれている

8月頃〜12月の行動を書いていただくことになるわけですから、細部にわたって具体的にこれをやる、ということが書かれていることが必須となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!