【特集】小規模事業者持続化補助金の申請に関する記事をまとめました(平成29年度補正予算対応)


過去のブログ記事(主に平成28年度補正予算分に対応)より、小規模事業者持続化補助金の公募に関わる記事をまとめました。
<2018.03.09 平成29年度補正予算に対応させました!>

最初に小規模事業者持続化補助金の概要や進め方を理解する、計画書ができたときのチェックにご利用ください。

公募要領を確認する

小規模事業者持続化補助金の公募要領には、応募となる要件、補助対象事業、手続きの流れ、経費の例や記入例などが書かれています。

採択されるために絶対に欠かせない『審査の観点』が書かれていますので、必ず確認しましょう。

公募要領は何度でも読み返し、理解しておくことが重要です。

とは言っても、小規模事業者持続化補助金の公募要領は96ページもあります。
いきなり公募要領を読んでもなかなか理解ができないと思いますので、私のブログなどで小規模事業者持続化補助金の概要を掴んでから、公募要領を読んでいただくと良いと思います!

小規模事業者持続化補助金の応募要件

※スケジュール以外は基本的には同じです。

小規模事業者持続化補助金の応募要件を把握する
...

 

100万円コースの要件

小規模事業者持続化補助金では、御社の取り組みによっては、補助金額上限が50万円から100万円に増額できる場合があります。

平成29年度補正予算で対象となる要件は、賃上げ・海外展開・買い物弱者対策の3つです。
いずれかの取り組みに該当する事業者様はチェックしておきましょう。

補助上限が100万円になる3つの要件と注意点[小規模事業者持続化補助金]
小規模事業者持続化補助金には、通常補助金額上限50万円から、100万円にアップする3つの要件があります。平成28年度第二次補正予算<追加公募分>の公募回では、当要件がなくなりましたが、平成29年補正予算では、当コースが復活します。100万円にアップする3つの要件と注意点を見ておきましょう。

 

加点・減点・優先の話

小規模事業者持続化補助金の審査は、基本的に100点満点で採点されますが、特定の取り組みをする場合には、加点がされるケースや、過去に採択を受けている事業者は、減点されるケースがあります。
平成29年度補正予算で加点対象となる要件は、生産性向上・経営力向上・事業承継・過疎地域活性の4つです。

加点、減点、優先の話[小規模事業者持続化補助金(平成29年度補正予算対応)]
...

 

共同申請を検討されている事業者様へ

他の事業者と一緒に事業を行い、申請をまとめて行いたい、という相談は、毎年1〜2件あります。

計画書作成がまとめてできるから、ラクだろう、という動機の場合は、注意が必要です。

オススメできない。小規模事業者持続化補助金の共同申請はリスク大!
小規模事業者持続化補助金の申請では、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業を共同して申請することが可能です。補助金上限額が50万円×事業者数になるため、まとまった補助金額を獲得することも可能ですが、私は共同申請をオススメしていません。過去の事例も踏まえて、その理由を解説しています。

参考:29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金の事務局HP

小規模事業者持続化補助金の公募要領や申請様式、Q&A、提出先などの記載がされています。

・商工会議所管轄(小規模事業者持続化補助金事務局HP)

平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金 :: トップページ

・商工会管轄(全国商工会連合会HP)

平成29年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の公募開始について(公募は5月18日で終了しています) | 全国商工会連合会

補助対象経費を確認する

過去に支援してきた小規模事業者持続化補助金の採択事例から、多くの事業者が取り組んできた補助対象経費の例を紹介します。

申請の初期段階では、「◯◯は補助対象経費になりますか?」が最も多い質問ですので、過去の事例を参考にしてみてください。

採択事例から考える小規模事業者持続化補助金
...
採択を受けた理美容・サロンの10事例を紹介します[小規模事業者持続化補助金]
過去に小規模事業者持続化補助金の申請支援を行い採択を受けた、理美容・サロン系の事業者の10事例を紹介しています。平成30年に応募を検討されている理美容店、サロン経営者様は参考にしていただければと思います。
採択を受けた飲食業の7事例を紹介します[小規模事業者持続化補助金]
過去に小規模事業者持続化補助金の申請支援を行い採択を受けた、飲食業の事業者の7事例を紹介しています。平成30年に応募を検討されている飲食店、喫茶店、居酒屋、レストランなどの経営者様は参考にしていただければと思います。
採択を受けたサービス業の8事例を紹介します[小規模事業者持続化補助金]
過去に小規模事業者持続化補助金の申請支援を行い採択を受けた、サービス業の事業者の8事例を紹介しています。平成30年に応募を検討されている経営者様は参考にしていただければと思います。その他に、理美容・サロン系、飲食業の事例もご紹介しています。

 

補助対象にならない経費の例

逆に、小規模事業者持続化補助金で補助対象にならない経費を挙げておきますので、これらに該当しないかをご確認ください。

補助対象外となる経費[小規模事業者持続化補助金]
小規模事業者持続化補助金の申請を検討されている事業者から受ける、最も多い質問は「この経費が対象になるか否か」ということです。今回は、経費が対象になるか否かの判断基準について、お伝えしていきます。

事業計画を書く

小規模事業者持続化補助金では、主に2つの書類で審査され採択が決まります。

様式2(経営計画書)と様式3(補助事業計画書)です。

以下のブログ記事では、それぞれの様式に何を書いていいのかを説明しています。
事業計画全体では、一貫した流れ(ストーリー)を意識して書いていただくことになります。

補助金申請に必要なストーリー
小規模事業者持続化補助金の申請様式、様式2(経営計画書)と様式3(補助事業計画書)に何を書いていいのか、それぞれの役割は何か、を解説します
補助金申請で混在してはいけない『目的』と『手段』
...
「顧客ニーズ」ってどういうこと??顧客ニーズを7分類に分けてみた
新商品開発や、販売戦略に欠かせない顧客ニーズ。顧客ニーズには、いろいろあるとは思いますが、私なりに考えた結果、7つの分類に分けてみました。参考にしてみてください。
自社の強みの書き方・考え方[小規模事業者持続化補助金]
...

計画書作成の注意点を把握する

補助金の審査は、学校の入学試験のようなものです。
答案用紙があって、そこに点数が付くような内容が書かれていれば、「合格」となります。
合格する、点数が付くようにする、にはどうしたらよいか、をまとめています。

小規模事業者持続化補助金の審査ポイント
...
小規模事業者持続化補助金の計画書は何枚書けばいいの?
小規模事業者持続化補助金の2種類ある計画書を、それぞれどれだけ書けばいいのか、に回答します!
小規模事業者持続化補助金で求められる「創意工夫」とは?
...

 

様式2経営計画書作成のチェックポイント

申請直前チェックポイント(様式2経営計画書編)[小規模事業者持続化補助金]
間もなく締切の小規模事業者補助金。事務局への最終提出に向けて計画書(様式2)の記載チェックポイントを挙げておきます。

 

様式3補助事業計画書作成のチェックポイント

申請直前チェックポイント(様式3補助事業計画書編)[小規模事業者持続化補助金]
間もなく締切の小規模事業者補助金。事務局への最終提出に向けて計画書(様式3)の記載チェックポイントを挙げておきます。様式2も様式3も同じ点数配分のようなので、様式3もしっかり気を抜かずに取り組んでいただきたいと思います。
広告効果と売上計画の妥当性を考える
...

最終チェック

提出前の最終チェック![小規模事業者持続化補助金]
...

補助金申請のダメな例

これまで小規模事業者持続化補助金の申請支援に携わってきて、感じたことを記事にしています。

注意!公募要領にある記載例をマネしても採択されません![小規模事業者持続化補助金]
...
小規模事業者持続化補助金のダメな例 〜補助事業が課題とズレてる
小規模事業者持続化補助金2次公募の申請支援が動き出しており、続々とご相談いただいております。 そのようななかで、多くの方が陥っている状況の1つ。 補助金を使ってやりたいことと、現状の課題とがマッチしていない、ということを取り上げます。
小規模事業者持続化補助金のダメな例 〜補助金が目当ての事業者
小規模事業者持続化補助金の申請のために、初めて相談に来られたときに、開口一番で、「補助金をもらいたいんですが、何の経費が申請できますか?何がいいか、アドバイスをください」というような、とってもダメな相談例があります。
小規模事業者持続化補助金のダメな例 〜事業規模が小さすぎる
ブログのタイトルで、ダメな例、としていますが、決して、事業そのものを否定をしているわけではないのです。 積極的に事業に取り組む姿勢は間違っていないのですが、補助金を申請せずに取り組む、例えば、自費で手っ取り早く進めた方がいいケースもあります。 ということをお伝えします。
持続化補助金のダメな例 〜新商品・新サービスにばかり着目しすぎる
小規模事業者持続化補助金では、経営計画書と補助事業計画書の2つの計画書を作る必要があります。この2つの計画書は、どのように書き分けたらいいのか? を抑えておきましょう。
小規模事業者持続化補助金のダメな例 〜売上に繋がる流れが書かれていない
小規模事業者持続化補助金の計画書を拝見すると、不十分な内容であることが多く見受けられます。そのなかの一つ、いかにして販路開拓、売上に繋がるかが示されていない事例をご紹介します。

専門家の力を借りる

多くの事業者様は、以下のような不安や心配を抱えています。

  • 何から手を付けていいのかわからない
  • 本業が忙しく、計画書作成に着手する時間がない
  • 計画書を書いたことがなく、自分で書けるのか
  • 自分の考えている内容が適切で、本当に採択されるのか

なにを書いていいのか、わからない、といった方に向けては、採択実績100件超のノウハウがふんだんに盛り込まれたガイド文付きの計画書様式を無料公開しています。(2018.3.19追加)
ぜひご活用ください。

自分で書ける計画書作成ノウハウを入手して採択を勝ち取ろう![小規模事業者持続化補助金(平成29年度補正予算対応)]
小規模事業者持続化補助金では、様式2経営計画書と様式3補助事業計画書が審査されます。しかし、計画書を書いたことがない人、補助金申請が初めての人にとっては、計画書作成は大きなハードルです。これまでに106件の補助金採択を獲得してきたノウハウを『ガイド文付き計画書様式』として広く公開しました。書き方・構成がガイドされた計画書様式を使えば、計画書作成の負担が減り、採択の可能性が高くなります。

 

解説動画も配信中!

小規模事業者持続化補助金の解説動画(youtube)の無料配信を開始しました!(2018.2.13追加)
※お名前とメールアドレスだけ登録していただきます。

【動画配信】小規模事業者持続化補助金のポイントを解説しています
小規模事業者持続化補助金の解説動画を配信しています。基本編では、小規模事業者持続化補助金の制度やルールがよくわからない人から、申請を検討している人、のように、初めての補助金申請をする方を想定しています。応用編では、採択される可能性を高めるためのポイントを解説していますので、申請するすべての方にチェックをしていただきたい内容です。無料動画でもここまで教えてくれるのか!!!というようなコンテンツを目指しました。

 

有償でもご支援します

自分の考えていることは果たして適切なのだろうか、、、
計画書を書いてみたけど、これでいいのだろうか、、、
作成された計画書がちゃんと採択されるのか、、、

こうした不安や心配を解決するために専門家がいますので、専門家の役割をご理解のうえ、活用をご検討ください。

ぶっちゃけ!?補助金申請で専門家に頼むといくらかかるの?
補助金申請に専門家活用は欠かせません。そこで、専門家とはどういう人か、専門家は何をしてくれるのか、専門家に頼むといくらかかるのか?専門家活用に関してまとめてみました。

専門家にアドバイスをしてもらいたいという方向けに、Eメール添削サービス、東京都以外の事業者でも安心の電話サポート付きコンサルティングも行っております。

問い合わせ

専門家を頼ることで、計画書の作成、提出までしっかりサポートしてくれますから、採択される可能性が大幅に高まります。
また、ご自身で0から始めるよりも、圧倒的に効率よく進めることができます。

まずはご相談ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!